DTMに「ケンジントンOrbit™ Scroll Ring Trackball」トラックボールを使ってみた感想。

元々はマウスでやってましたが、以前お会いしたことのあるプロデューサーさんから「慣れたらトラックボールの方が作業しやすいよ」と言われた事もあり
しばらくトラックボールを使用してみました。
その時、その方は4つボタンのものを使われていましたが。

ケンジントントラックボール
ケンジントントラックボール

 

自分が使ってるのは上の写真の真ん中にボールがありサイドにボタンが二つあるタイプです。

ボールは外す事もできます。

trackball_2
trackball_2

使ってみてのざっくりレビュー

腕が楽

手首や腕を動かすことがないので、マウスに比べて腕が楽です。
普段の仕事でマウス使うことが多いので腕の疲れ方が違ってきます。

省スペースで使用しやすい

マウスと違って動かさないので少ないスペースで使えます。
DTM机の上ってキーボードやmidiキーやら機材が色々あると思うので卓上で邪魔になりません。

ポインタの長距離移動が楽

ボールを指で軽く弾いてやればモニターの端まで軽く移動できます。
かといって細かい動きが難しいかといえばそんな事もありません。

ボミがよくたまる

掃除は簡単ですがゴミはよくたまります。
掃除した後のボールの動きの滑らかさは最高に気持ち良いです!

 

使ってみた結論としては、1日でも使ってればすぐに慣れます。

細かい操作も自分的にはマウスと同様にこなせています。

イラレとかフォトショも家ではトラックボールで作業してるくらいです。

トラックボールは値段も結構するやつもありますが、僕が使ってるような

安価なものもあるので試してみては!

曲作ってるぜ!…感は出ますw

ではでは!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です