「Focal Listen Professional」ミックスにおすすめの密閉型ヘッドホン【DTM】

focal_listen_pro_review_kv

先日、Focal Listen Professional を購入しました。

ミックス時のヘッドホンでのモニターは、今まではAKGの「K240mkII」を使用していました。

より低域のモニタリングがしやすいものを探していて最近評判の高い「Focal Listen Pro」にしました。



もともと開放型のK240mk IIの所持しているのもあり、Focal Listen Proは密閉型という点でも興味を惹かれました。

ちなみに他に下記のヘッドホンなど候補に挙げていました。いずれも人気の機種ですね。
audio-technica(オーディオテクニカ):ATH-M70x
YAMAHA(ヤマハ):HPH-MT8

 製品仕様

スペック

タイプ オーバーイヤー密閉型ヘッドフォン
インピーダンス 32Ω
周波数特性 5Hz – 22kHz
感度 122dB SPL @ 1kHz – / 1Vrms
THD THD 0.3% @ 1kHz / 100dB SPL
付属ケーブル 5m OFCカール・ケーブル / 1.4m マイク付きリモコン・ケーブル
プラグ形状 3.5mm ステレオ4極ミニプラグ
本体重量 280g
付属ハードケース寸法 239 x 212 x 111mm

 付属品

・専用のキャリーハードケース
・5mのカールケーブル
・1.4mのモバイルケーブル
・Reference4 headphone (こちら付属のセットを購入しました)

focal_listen_pro_product
focal_listen_pro_product

 デザイン

見た目はシンプルでミニマルなデザイン。
耐久性に強い構造が採用されています。

サイズ的にも小ぶりで頭にフィットする感じ。
頭の大きい人はきついというレビューも見ましたが、まぁ大丈夫です。
(ちなみに私は別に頭が小さいわけではないですよ)

イヤーパッドは低反発マイクロファイバーが採用され、通気性が確保されたデザイン。
赤色が映えますね。
交換用のイヤーパッドも売られているので、ヘタってきたら買い替え可能です。

focal_listen_pro_earpad
focal_listen_pro_earpad

モバイルケーブルにはマイク機能もついています。
私は特に使わないと思いますが。

focal_listen_pro_review_microphone
focal_listen_pro_review_microphone

 音質

音に関しては、低域が今まで使用していたものと比べて明らかに見えています。

今まで使っていたのが古いモデルのヘッドホンといえばそれまでですが。

この辺も、密閉型の特徴とlisten proのスペックの高さによるものかと思います。

言ってしまえばローの空気感というか響く感じも耳から伝わってくる印象です。

あとは、リファレンスと自分の楽曲の違いがより明確にわかる感じ。
例えば、ある楽曲をcoverやコピーした際のミックス違う部分がより見えやすくなりました。

遮音性も十分です。
音楽をかけている時は、外部の雑音は聞こえにくいです。

 まとめ

簡単ではありますが、使用した感想になります。
購入動機としては、ミックス時の低域のモニタリングの向上です。
正直、音に関しては直感的な印象になりますが、私と同様に「K240mkII」を使用されてる方は明確な違いを感じられると思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です