【コスパ最強】おすすめゲームキャプチャーボード「Basicolor321」/PS4,switch

basicolor321_kv

Youtubeなどのゲーム実況・配信用に興味がありキャプチャーボード「Basicolor321」を購入しました。
Macで使えるものでAmazonで価格は1万円ほどでした。
今回は、お手頃価格で買えるキャプチャーボード「Basicolor321」の使用感、レビューをしていきたいと思います。
ゲーム配信や実況を行いたいと思っている方の参考になれば良いと思います。





キャプチャーボードとは

キャプチャーボードとは、PCにゲームの映像や音声を出力するための危機になります。
できることは、

・PCにゲーム画面を映し録画がする
・ゲームの実況配信

ちなみに本製品を使用する私のPCスペックです。
・i mac(21.5-inch)
・Intel Core i7
・メモリ 16GB

製品の詳細情報

ブランド Basicolor
解像度 フルHD(1920 × 1080)
フレームレート 60fps
商品重量 118 g
サイズ 9.5 x 6.3 x 2.2 cm
メーカー型番 ARX 321 B
OS Mac,Linux,Windows 10 8 7
対応ゲーム機(デバイス) Switch,Wii,PS4,Xbox One,カメラ,スマートフォン(HUAWEI,Apple iPhone)
ストリーミングメディア OBS(オープンブロードキャスタソフトウェア)、Xスプリット、ポットプレイヤー、
配信可能なプラットフォーム twitch、Youtube Live、Facebook Live、Wirecast、vidblasterX、Resolume、Googleハングアウト、Skype

このキャプチャーボードは「Basicolor321」「ARX321」「HSV321」など商品名も表記もまちまちのようです。

キャプチャーボードの値段は安くても2万円前後のものが多いですが、この商品に関してはAmazonで1万円以下で購入できました。

レビューを見ると、高評価の人もいれば、全く使えないと低評価の人もいたのでどうかな?と心配でしたが今回は興味本位で購入してみました。

開封の儀

basicolor321_item
basicolor321_item

同梱物は、
・キャプチャーボード本体
・USBケーブル
・取扱説明書
・保証書

取扱説明書は、日本語で書かれていてキャプチャーソフト「OBS」の設定のやり方など簡単にですが書かれています。

実際にキャプチャーボードとPC、PS4を接続してみる

basicolor321_setting
basicolor321_setting

使い方は簡単です。

画像の通りキャプチャーボードとPCをUSBでつなぎ、キャプチャーボードとPS4をHDMIケーブルを接続します。

パススルー機能搭載

『Basicolor321』には「パススルー」機能も搭載されています。

パススルー機能とは、
通常、キャプチャーボードを使用してPCモニターにゲームの画面を移すと0.数秒になりますが、遅延が発生します。
ですが、このパススルー機能が搭載されていれば、ゲームの映像や音声を遅延なくモニターから出力する機能のことです。

つまり、録画用にPCモニターに映ったゲーム画面は少し遅延しているので、別モニター(TVなど)に遅延のない映像と映せる機能です。

接続の方法は、『Basicolor321』のOUT(出力)とテレビ(ゲーミングモニター)をHDMIケーブルで繋ぐことでゲーム画面をPCだけでなく、テレビ(ゲーミングモニター)に出力することができます。

実際に録画してみて

1080p/60fpsということですがめっちゃくちゃ綺麗!というか、まぁ普通に綺麗です。
色に関してですが、もともとTVにPS4を接続してゲームを行なっていたのですが録画用のPCモニターに映すと多少色の変化があります。
そこはモニターの違いからくるものと思い許容範囲内かな、と思っています。

良かったところ

・簡単にゲーム画面を映せる

説明書も付いているのでその通りそれぞれの機器を接続するだけでPCにゲーム画面を映しゲームを録画するのは簡単でした。

・価格が安い(コスパ最強)

他のキャプチャーボードと比べても半分くらいの値段で購入できるのではないでしょうか。
よく使われているAverMediaやElgato Game Capture HD60 Sでも2万円を超えてきますから1万円しないお手頃な価格で画質もHDでそこそこ良いという点から、ゲーム配信をしたい人には手を出しやすい商品かと思います。

悪かったところ

basicolor321_product

関連記事
キャプチャーボードのパススルー機能でゲーム画面が映らない時の対処法【PS4,スイッチ】

・音声が時々出なかったり、おかしなことがある

何度か使用していると、時々起こりましあた。
これは『Basicolor321』自体の問題なのか使用しているキャプチャーソフトのOBSの問題なのかわかりません。

ただ録画前に録画前に事前の音声のチェックをして、おかしな時はOBS(キャプチャーソフト)を立ち上げ直せば問題ないので今の所そこまで気にはしていません。

・【対策あり】TVによっては1080pでのパススルーが無理

TVによっては「対応出来ない映像信号が入力されています 出力機側の設定を確認してください」と表示される。

我が家の年式の古いTVはそうなりました。比較的新しいものは問題なかったです。

対処法としてその時は、HDMI分配器を使ってPS4の設定で解像度の変更(1080i)して使用しました。

・個体が熱を持って少々不安

接続してしばらく使用している内に、本体が熱くなり始めます。
長時間の使用の際にはちょっと不安になります。

今のところ問題ないです。

まとめ

結論としては、買ってよかったと思います。

Amazonのレビューにもあるように人によっては「ケーブルを繋いですぐに使える!」という人だけでは無いようですが、コスパを考えると良い買い物だったのではないでしょうか。

Amazonのレビューにもある通り、設定でつまずいているか方もいらっしゃるようなので、その辺のトラブルシューティングもまとめれたらと思います。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です