MX ERGOのレビュー|ロジクールのワイヤレストラックボール

mx_ergo_review_kv

マウスの使用時間が増し手首から指先にかけての痛みがあったため、ふたたびトラックボールを購入しました。
今回は、ロジクールのワイヤレストラックボール「MX ERGO」のレビューになります。

MX ERGOは、ロジクールから発売されている商品で親指でボールを動かすことでポインターを操作します。
手の形に合うようにデザインされ角度調整もでき手や腕の負担軽減のもと正確な操作もできるといったコンセプトのアイテム。

mx ergo
mx ergo


良い点

・角度がつけられるため疲労軽減
・カスタマイズ性
・フィット感
・省スペース(トラックボールならでは)
・ワイヤレス
・充電がめちゃくちゃ長持ち

なんか良い点だらけになってしまいましたが。。

悪い点

・ゴツめのフォルム(良くも悪くも)
・ゴツいゆえに重いため持ち運びには不便
・スクロールが硬い

 MX ERGOを買った理由

なんだか最近腱鞘炎ぽい感じがしていたことが第一の理由で、マウスの使用時間を減らすことで改善されるかと思ったからです。
もともと過去にケンジントンの中指トラックボールを使用していたこともあったのですが、今回は疲労軽減と作業効率化でレビュー評価の高いロジクールの「MX ERGO」を選択しました。

あとはデバイスのワイヤレス化です。
デスク上のケーブル類のゴチャゴチャを少しずつ整理しているところです。

 内容物

・トラックボール本体
・Unifyingレシーバー
・充電用Micro-USBケーブル
・説明書
・保証書

mx ergoの外装
mx ergoの外装
mx ergoの外装2
mx ergoの外装2
mx ergoの同梱物
mx ergoの同梱物

 手首に角度がつけられる。

0°または20°の角度をつけることができ、腕や手に負担を軽減できます。
使用している人のその時の好み角度が選べより快適に作業に集中することができます。

mx mrgoの角度0°
mx mrgoの角度0°
mx mrgoの角度20°
mx mrgoの角度20°

私は比較的20°の角度をつけた状態で作業を続けることが多いです。

またデザインは、手のひらで包み込むようにかぶせる形状で安定したフィット感があります。
本体の素材の質感もあいまって触り心地もちょっと気持ちいい感じ?です。


 カスタマイズ性

左右クリックやホイールの上下左右の押し込みなど、トータルで8つのボタンにキー割り当てが可能です。
専用のソフト「Logicool Option」を使うことでショートカットキーも登録できます。

logi options
logi options

またAdobeやMicroSoftなどアプリケーションごとにショートカットを割り当てることができるため、クリエイティブワークをしているものとしては作業効率も上がりますよね。

 複数デバイスをコントロール「Flow」

Logicool Flow
Logicool Flow

MX ERGOはボタン一つで複数のデバイス間切り替えることが可能です。
切り替えボタンも押しやすい位置にあります。(ここ重要です。)

しかもファイル移動も可能なため、MacとWindowaの両方、デスクトップとノートPCを使用している人にとってが便利ですよね。

 しばらく使用しての感想

正直なところ、最初の数日は親指でのトラックボー操作にかなり違和感がありました。
以前ケンジントンの中指トラックボールを使用していたりトラックパッドなど中指での操作も慣れていたのもあったかと思います。
数日ほどですが、マウスと並行して使用していくうちに親指操作には慣れました。

最初は、気持ち深めに本体に手を添えてやると良いかと思います。

また角度調整やマウスのように手首を酷使することもないため、疲労の軽減や緩和は期待できるといった印象です。

慣れるまでは「なにこれ」。
慣れれば「コレだ」なアイテムです。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です