PS4人気おすすめゲームソフト【2019上半期TOP20】

ps4ranking2019
ps4ranking2019

PlayStation4(PS4)の2019年上半期の売り上げTOP20のソフトをピックアップしました。
「おすすめソフトを探してる」「PS4を買ったけど何のゲームをはじめよう」そんな方のゲーム選びの参考になればと思います。

20位 バトルフィールドV 【4万本】

battlefieldv
battlefieldv

バトルフィールドシリーズ最新作。私自身も最も好きなFPSゲームです。
相変わらずのハイクオリティーなグラフィックとサウンドは他のFPSを凌駕していると思います。
またゲームルールもシリーズを追うごとに少しずつマイナーチェンジが行われ、よりリアルを追求したゲームが楽しめる作品となっています。

19位 NieR:Automata Game of the YoRHa Edition 【4.3万本】

nier-automata
nier-automata

2017年発売スクウェアエニックスのヒット作品である「ニーアオートマタ」にDLCとゲーム内アイテムなどを追加した作品です。
文明が崩壊した美しくも荒廃未来が舞台。
スクウェアエニックスらしい作り込まれた世界観とストーリ、爽快なアクション、上質な音楽、オタク好みなキャラクター設定。。(なんかありきたりな感想ですね。)
またマルチエンディングが用意されていて、周回を重ねても違ったゲーム性で楽しませてくれるという、繰り返し何度も遊べる作品。もちろんサブクエもあります。
とりあえずプレイしてみたら良いかと思います。

18位 ファークライ ニュードーン 【4.7万本】

farcry-newdawn
farcry-newdawn

ユービーアイソフトから発売のオープンワールドゲーム。
前作「ファークライ5」から17年後の世界、
核戦争を生き残った人々が新たな文明を築く過程で、略奪と暴力が支配する
荒廃した世界での生き残りをかけた物語。
前作のストーリーやキャラクターを受け継ぎつつ、その後のストーリーを描いています。
グラフィックも向上したことで、操作感と作品への没入感もアップ。

17位 キングダムハーツHD 1.5+2.5リミックス 【4.9万本】

kingdom-hearts-1.5-2.5-hd
kingdom-hearts-1.5+2.5hd

2017年に発売の作品。
過去にリリースされたキングダムハーツ6作品が収録されたパッケージ作品。
概要については、こちらで触れています。
キングダムハーツ3の発売の影響もあり、今年に入って再び売れ始めいます。

16位 JUDGE EYES 死神の遺言 【5万本】

judge-eyes
judge-eyes

色んな意味で話題のジャッジメントアイズ。龍が如くならぬ、「キムタクが如く」。
豪華俳優陣をモデルにしたキャラクター作りと終盤に進むにつれ盛り上がる刺激的なストーリー。
主人公は弁護士上がりの探偵といった設定から、調査や推理の要素もあり、またサブクエストも充実しています。

15位 テイルズ オブ ヴェスペリア REMASTER 【5.6万本】

tales-of-vesperia
tales-of-vesperia

2008年発売作品のPS4リマスター版。過去にPS3でも一度リメイクされている作品。
シリーズ作品でも特に人気が高いだけあり、ストーリー、音楽、など申し分なく、いわゆる王道ファンタジーRPGとは違った個性的なキャラクターが多い。
テイルズシリーズの特徴であるアクション要素を盛り込んだ自由度の高いバトルは、シンプルな操作でも上手くコンボに繋がり爽快で楽しい。キャラごとに上手く個性を持たせているのも、バトルに飽きない要因の一つ。

14位 ドラゴンクエストビルダーズ2 破壊神シドーとからっぽの島 【5.9万本】

dragonquestbuilders2
dragonquestbuilders2

ブロックで出来た世界を世界を壊し、武器や防具、建築をしストーリーを進めていくブロックメイクRPG。
マイクラのクラフト要素にドラクエのストーリーを組み合わせたなんともやりたい放題な作品。
マイクラでいいじゃんと思っている方、マイクラにはないクエストというストーリーが加わるコトで、それが縛りではなく新たな自由なゲームの楽しみ方を与えてくれます。

13位 キャサリン・フルボディ 【6.1万本】

catherinefullbody
catherinefullbody

アトラスから2011年発売のキャサリン・フルボディのリメイク。
恋愛パズルアドベンチャーゲームというニッチな作品ながら売上好調。
ADVゲームとしてストーリーも楽しめ、かつパズルゲームも楽しめる作品です。

12位 ONE PIECE WORLD SEEKER 【6.4万本】

onepieceworldseeker
onepieceworldseeker

ワンピースのオープンワールドゲームになります。
ルフィーのゴムゴムの実の能力を活かした自由な移動が気持ちよく、オープンワールドにマッチした作品です。
ストーリーは原作の設定を壊すコトなく描かれていて原作ファンも楽しめるのでは。ただボリュームはそこまでないので、サブクエも進めながら楽しむのをオススメします。
残念な点は、グラフィックと雑魚キャラとの戦闘がややマンネリ気味になるかも。。。

11位 EARTH DEFFENSE FORCE IRON RAIN 【6.4万本】

erath deffense force iron rain
erath deffense force iron rain

地球防衛軍のシステムを引き継ぎつつ新たなゲームシステムを導入したTPSアクション。
6人マルチプレイの協力プレイの賑やさはただただ楽しい。
またキャラクリが充実し、グラフィックが大幅に向上しています。
ただ、そのシステム面の変化が過去シリーズのユーザーには不人気なようです。
シリーズ未体験の方には十分に楽しめる作品になっているのではと思います。

10位 スーパーロボット大戦T 【9.8万本】

srwt
srwt

1991年に発売以降、これまで数多くのシリーズ作品がリリースされ根強いファンを多く持つシミュレーションゲーム。
今作でも新旧さまざまなロボットアニメ25作品が参戦しています。
このゲームの魅力は、やはりパイロット育成、ユニット改造。
システムもシリーズを重ねるごとに進化をしています。
大好きな機体を限界まで改造し強敵を蹂躙する!そこに尽きます。(個人の意見です。)

9位 ANTHEM 【10.3万本】

anthem
anthem

こちらも発売前から期待値の高かった作品ではないでしょうか。
この作品の魅力はバトルではないでしょうか。
ジャベリンと呼ばれるスーツに身を包み、自由に宙をかける戦闘は新鮮で刺激的で面白い。
ストーリーに関してはやや単調で同じミッションの繰り返しという意見が多いです。
そもそもストーリーを楽しむことに重きを置いたゲームではないのかも。。。
またロード時間の長さ、ゲームデザイン的にシステムの不憫さが少し残念な点としてあげられます。
期待しすぎた分、、、という感じ。

8位 ディビジョン2 【10.9万本】

divisio2
divisio2

パンデミックにより崩壊したアメリカ(ワシントンDC)を舞台にしたオープンワールドRPG。
前作も評価は高いですが、今作も前作からの問題点を改善し正統進化させた完成度の高い作品になっています。
オープンワールドは中には広大な世界観の割にちょっとさみしい、、、そんな作品もありますが、本作はゲーム内で突発的に発生するミッションが充実や、コントロールポイントと呼ばれる拠点の取り合いも多く飽きることなく続けられます。
またソロだけでなく戦闘面での戦略性の高さからマルチプレイも楽しめましす!
一度初めてしまえばどハマりする作品です。

7位 JUMP FORCE 【11.7万本】

jumpforce
jumpforce

週刊少年ジャンプ50周年を記念して作られた作品。
ジャンプ歴代の人気キャラクターが登場し、好きなキャラを3人選んでチームで戦う対戦型アクションゲーム。
またオリジナルのアバターを作成し、ジャンプキャラお馴染みの必殺技を使いストーリーを攻略するモードもあります。
近年の作品から懐かしの作品のキャラまで登場するので、幅広い世代・年齢層のユーザーが楽しめる作品となっています。

6位 デビルメイクライ5 【17.8万本】

devilmaycry5
devilmaycry5

REエンジンにより進化したグラフィックと操作性、スタイルの違う新たな3人のキャラが繰り出すスタイリッシュなアクションは爽快感抜群。
これまでのデビルメイクライシリーズの良いトコ取りな作品。
難易度も6種類、シークレットミッションも用意されクリア後のやり込み要素も充分。

5位 DAYS GONE【18.1万本】

daysgone
daysgone

ゾンビゲーのオープンワールドゲーム。
発売前から期待値が高かった作品です。発売後は賛否両論のようです。
序盤はテンポ感も悪いですが、中盤、終盤と進めていくにつれストーリーは加速度的に進んでいきます。
作り込まれたストーリーとボリューム感はオープンワールド好きの方には満足いく内容になるのでは。
ちなみに、映画「WorldWarZ」のように大量のゾンビに追われまくるシーンはそんなにありません。

4位 エースコンバット7 スカイズアンノウン 【20.6万本】

acecombat7
acecombat7

前作から12年ぶりとなるシリーズ新作。
さらなる進化を遂げたグラフィック。雲の表現や風景の美しさ、期待のこだわり抜かれたディテールがプレイヤーをゲームの世界に引き込みます。
もはやゲームなのか軍事用シミュレーターなのかわからないクオリティーとなっています。

3位 SEKIRO SHADOWS DIE TWICE 【25.8万本】

sekiro
sekiro

フロムソフトウェアが手がける死にゲー最新作。
ダークソウル、ブラッドボーンの系譜を継ぐ和風アクションゲーム。
死にゲーの名の通り難易度の高さはありますが、クリア時の達成感大きく
ボスに負けてもなお遊びたくなるゲーム。何度も周回したくなるゲームです。
その完成された世界観は世界中のゲーマーを虜にしています。

2位 バイオハザードRE2 【38.3万本】

biohazardre2
biohazardre2

PS2で発売されたバイオハザード2のリメイク作品。
オリジナル版を上手く昇華させた点が、PS2版を楽しんだユーザーにも
受け入れられる要素となったハズです。
最近のカプコンの手がける作品はどれも良作が多く、バイオハザードの他の過去作のリメイクも楽しみになってきますよね~。

1位 キングダムハーツ3 【83.6万】

kingdomhearts3
kingdomhearts3

ファン待望の13年振りのシリーズ新作になります。
スクウェアエニックスがディズニーとコラボして生まれたアクションRPG。
ディズニーのキャラクターたちを「ファイナルファンタジー」をはじめとする数々の名作を手掛けてきたスクウェアエニックスのオリジナルのストーリーに融合させた作品。
楽しく、感動的で、時として切ないストーリーとその世界観はディズニーファンでなくても楽しめる魅力的なゲームとなっています。
ストーリーだけでなく派手なエフェクトと爽快なアクションによる戦闘も楽しみのひとつ。
操作も簡単なので幅広いユーザーが楽しめます。
悪い点としては、プレイ時間に対してムービーが長い。また過去のKHシリーズをプレイしてないとストーリーでわからない点が多いコト。
KHシリーズを未プレイの方は、17位にもランクインしている「KH1.5+KH2.5」と一緒に楽しむのをオススメします。

削除 ▲ページトップへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です