SONY WF-1000XM3レビュー | ワイヤレス最高級の音質、ノイキャン機能、ペアリング 方法など

SONY WF-1000XM3のレビュー

数あるワイヤレスイヤホン市場でAirPods Proとともに人気であるSONY WF-1000XM3をしばらく使用してみました。

ノイズキャンセリング機能や本体サイズのコンパクトさは
AirPods Proに軍配があがるものの、噂通りの高音質。

今回は、ワイヤレスイヤホン最高音質と言われているSONY WF-1000XM3のレビューになります。


 同梱品

・本体
・USB-Cケーブル(約20cm)
・ハイブリットイヤーピースロング(SS/S/M/L)
・トリプルコンフォートイヤーピース(S/M/L)

SONY WF-1000XM3は特に、自分にあったイヤーピースを選ぶという点が
音質、遮音性、フィット感に関わってくるので大事です。

 デザイン

カラーラインナップはブラックとプラチナシルバーの2色展開。
充電ケースはフタがゴールドと素材の質感も相まって高級感もありおしゃれな印象です。

SONY WF-1000XM3
SONY WF-1000XM3サイトより引用

WF-1000XM3イヤホンと充電ケース

ただこの充電ケースが、AirPods Proと比較しても大きいです。
パンツのポケットに入れてもかさばるサイズですね。

WF-1000XM3とAirPodsProのサイズ比較

充電ポートはUSB-Cタイプとなっています。

WF-1000XM3のUSB-C充電

SONY WF-1000XM3 は防水防滴がありません。
ただ雨の日の屋外で使用するシーンもあまりないですし、
スポーツの際はPowerbeats Proのような耳にかけるタイプの方が良い気がします。

 バッテリー持ちが良い

SONY WF-1000XM3はバッテリーが長時間持ちます。
イヤホンで最長6時間(ノイズキャンセリングOFFで8時間)、
ケースも含めると24時間(ノイズキャンセリングOFFで32時間)。

AirPods Proが、4.5時間と比較しても長時間もつ優秀なモデルと言えます。

WF-1000XM3バッテリー時間
SONY WF-1000XM3サイトより引用


 優秀なノイズキャンセリング機能

SONY WF-1000XM3は高性能なノイズキャンセリング処理を可能とし、
この優秀なノイズキャンセリング機能がより音の世界への没入感を深めてくれます。

マイクからノイズを拾い、分析しそれと逆位相の信号でノイズを打ち消す機能です。
音は波形で表すことができ、ノイズと逆の形をした波形を発してやることでノイズだけをうまく消してやることができます。

WF-1000XM3ノイズキャンセリング機能
SONY WF-1000XM3サイトより引用

AirPods Proと比較すると少し弱いような気がしますが。
普段そんなに2機種を比較しながら装着することもないと思うので、2機種間での差は正直気にする必要ないかと思います。

前述しましたがノイキャン性能も自分の耳に合ったイヤーピースのセレクトと正しい装着の仕方が重要です。

 ワイヤレスイヤホン最高レベルの音質

超高域まで、しっかり出てて音場も広く感じれて気持ち良いところがしっかり出てます。
低域も適度に出ててバランス良く、高域のシャカシャカ具合も気持ちいい。
空気感とかミックス時のエフェクトの再現性は高いと思います。

また、SONY WF-1000XM3にはDSEE HXという機能があり、サブスクやMP3などの圧縮された音源を再生時に高音質に拡張してくれる機能もあります。

完全ワイヤレスでもハイレゾ級の高音質に浸るWF1000XM3のDSEE HX
SONY WF-1000XM3サイトより引用

何度も書きますがイヤーピースのサイズ調整はめちゃくちゃ重要。

AirPods Proと比べても音が細かいというか明瞭。
比べて聞くと音域の広さとバランスの違いはハッキリとわかります。

使用した感じ音の途切れとかは特に感じることはないです。


 操作感

本体の丸い部分がタッチセンサーとなっています。
タッチセンサーは敏感で軽いタッチで反応します。

 WF-1000XM3タッチセンサー

再生/一時停止 R側1回押し
次の曲 R側2回押し
前の曲 R側3回押し
外音コントロール
(ノイズキャンセリング/外音取り込み機能の切替え)
L側1回押し
クイックアテンション機能オン R側を押し続ける

 専用アプリで設定をコントロール

SONY WF-1000XM3の専用のアプリ「Headphones」で細かい設定を調整できます。
イコライザのカスタマイズなど、下記項目の設定が可能です。

  • バッテリー残量確認
  • アダプティブサウンドコントロール
  • 外音コントロールの切り替え
  • イヤホンを外した際の音楽を一時停止する機能
  • 音質モード
  • DSEE HX(ハイレゾ並みの音質
  • タッチセンサーのボタン設定
  • 自動電源オフ
  • 通知音と音声ガイダンス

ペアリング手順

手順は下記画像の流れになります。
SONY WF1000XM3ペアリング手順1

SONY WF1000XM3ペアリング手順2

SONY WF1000XM3ペアリング手順2


 SONY WF-1000XM3レビューのまとめ

ケースがやや大きい点はありますが

最高級の音質、バッテリー、ノイキャン性能、洗練されたデザインなどどれもSONYのハイエンドモデルとして完成度の高いことは間違いなしです。

とくに音楽好きの方にはおすすめできるワイヤレスイヤホンだと思います!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です